FXとバイナリーオプションの投資術

FXとはどういう取引?

バイナリ—オプションを始める前にいくつか勉強しておかなければならない事があります。もちろん勝率を高めるテクニックも大切ですが、「税金」の問題も無視することは出来ません。株式取引やFXなどのネットトレードで得た収入はれっきとした所得であり、投資家には所得税を支払う義務が発生します。

例えばバイナリ—オプションの収支がプラスになったとします。この収入は税務上、「雑所得」というカテゴリーに分類されます。雑所得には20万円までの控除があるため、年間の雑所得の合計が20万円以下なら確定申告を行う必要はありません。言い換えれば、20万円を超えた場合、必ず申告しなければなりません。

ちなみに、雑所得にはFXやバイナリ—オプションの他に、ネットオークションやアフィリエイトなどの収入も含まれます。これら全ての収入合計が年間20万円を超えているかどうかが重要なので、たとえhttp://www.24オプション.biz/というバイナリ—オプションの収入が数万円程度しかなくても必ずしも確定申告しなくて良いという事にはならないという事に注意してください。

FXやバイナリ—オプションにかかる税金は「申告分離課税」です。サラリーマンの方の場合、給料の申告は会社が行ってくれますが、その本収入とは切り離して税金が計算されます。本業を抱えていても雑所得の申告は自分で行わなければならない事に留意しましょう。

基本的に確定申告はそれほど難しい作業ではありません。白色申告の場合、年間所得の合計を記載してFX業者に発行してもらった収入証明書等を添付し、税務署に提出するだけです。インターネット上で申告書を作成できるe-Taxなどを活用すれば、ものの数十分程度で完了します。提出期限は2月の中旬から3月頃までとなっているので、くれぐれも締め切りを過ぎないように気をつけてください。

参照: テクニカル分析.com

万一確定申告をしなかった場合、後日税務署から追徴課税の通知が送られてきます。申告が遅れると、通常時よりも余計に税金を支払わなければならなくなるという事です。悪質な脱税と判断された場合、強制捜査が入るかもしれません。

かつてFX業界に天才的な投資家がいました。その方は持ち前のトレードセンスを活かし、わずか数か月で数億もの利益を得ることに成功しました。そして彼は仕事を辞め、六本木ヒルズに引越して悠々自適な生活をおくっていました。

しかし彼はFXの知識はあれど、税金に関する知識は全く持ち合わせていませんでした。確定申告を怠っていたため、後日大勢の税務署職員が押しかけてきて、追徴課税を受けることになってしまいました。最悪な事に、彼は豪遊生活の中でほとんどの利益を使い果たしていたため、莫大な税金を支払う資産が残っていませんでした。結局彼は税金を支払うために借金をする羽目になってしまいました。まさに天国から地獄。確定申告を忘れるととんでもない事態に発展してしまうという例です。

税金問題は知らなかったでは済まされません。投資の世界で長く収入を得ようと考えている方は、投資を始める前にFXトレーダーが支払うべき税金についてしっかり理解を深めておきましょう。


 

レバレッジとスワップポイント

FX(外国為替証拠金取引)の魅力は特筆すると2つあります。それはレバレッジとスワップポイントです。ではそれぞれ説明していきます。まずレバレッジとは小額の資金でより大きな資金の取引をすることです。

例えば、外貨預金に1万ドルを預けるには、大体100万円の資金が必要ですが、FXの場合取引会社に証拠金(保証金)を納めることで、それを担保に大きな額で外貨を売買できます。これがレバレッジです。次にスワップポイントです。スワップポイントとはスワップ金利とも呼ばれ、金利差によって生じる利益のことです。

スワップポイントは基本毎日付き、長期間保有した場合は大きなリターンを望むことが出来ます。これがFXの魅力だと私は考えます。